topimage

2017-10

胆汁の逆流 - 2016.09.10 Sat

2004年に胃癌で胃を全摘出して以来、逆流防止弁も切除しているために、特に寝ている間に食べたものや消化液(胆汁)が逆流して食道や気管に入ってしまいます。

今朝も7時頃に胆汁が逆流。
じわじわと湿潤しているときは気がつきにくい。

逆流が、胆汁(黄色いアルカリ性の粘っこい液)の場合は、食道や気管は焼け付くような痛みを発症します。
特に、咳をして吐き出すと、余計痛みが激しくなります。
ゆっくり吐き出す方が良いみたい。

胆汁って、毎日かなりの量が肝臓で作られるみたいです。
そう、700~1000cc位だそうです。
相当な量です。

胆汁について、また調べてみました。
胆汁(たんじゅう)は、肝臓で生成される黄褐色でアルカリ性の液体。
肝臓は消化を助けるための胆汁を、1日700~1000㏄作り、作られた胆汁は胆管を通って胆嚢で一時的に胆汁を貯蔵・5~10倍の濃さに濃縮する。


食事、特に脂肪の多い食事をしたときに、胆のうが収縮して胆汁が十二指腸に放出され脂肪の消化を助けるみたい。

脂肪の多い食事をしたときに胆汁が出やすいのかな。

胆嚢って、肝臓から十二指腸へ繋がる胆管の途中にあるんですね。
肝臓って、大きいな、と思ったら体重の1/50位あるみたい。
肝臓・胆嚢・膵臓・胃などの図

痛いね、と思いながらベッドでテレビ見ていたら寝てしまった。
目が覚めたら11時半でした。
痛みが無くなっていて良かったです(笑)





スポンサーサイト

● COMMENT ●

大変でしたね。でも痛みが消えてよかった・・・

私は胆嚢炎になって胆嚢を摘出してしまっているので、
肝臓で作られた胆汁はいつも垂れ流しです。
でも胆嚢炎の痛みから解放されたので快適な毎日を
送れるようになりました。
やはり痛みは一番つらいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanuke.blog64.fc2.com/tb.php/7369-46d301f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今朝も胆汁が逆流 «  | BLOG TOP |  » 自宅でアコーディオン

プロフィール

てるお

Author:てるお
66才になって約2ヶ月後の2004年4月7日、気まぐれで胃カメラ検査したのですが、13日に胃ガンを告知されました。5月10日に胃を全摘出。いろいろあって約半年入院してからの退院。以来胃全摘出による後遺症として逆流性食道炎や誤嚥性肺炎、腸閉塞などを度々患い苦しんでいます。

生き延びた人生を少しでも明るく楽しく生きて行かれたらいいなと思いアコーディオンを買い独学で練習を始めました。
ブログでは、アコーディオンの練習、演奏の話題やカメラ、オーディオなど趣味のあれこれを気ままに綴っています。

そして、なんと今度は脊髄腫瘍をあらたに告知されました。
平成23年9月、右足先に歩き難い症状を感じ病院へ行きMRI検査を行った結果の発見でした。また新たな闘病生活が加わります。

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

管理者へ連絡~メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター