topimage

2017-10

ボタンアコーディオン - 2016.04.22 Fri

アコーディオンは旋律をピアノ鍵盤で、そして伴奏用の左手側ベースボタンを使って演奏します。

また、右手側がボタンタイプ(クロマチック)のアコーディオンもあり、ピアノ鍵盤式に比べて少ない移動距離で広い音域が演奏でき、移調も比較的容易、と言われています。

僕もボタンアコーディオンを持っていて、時々弾いてます。
ところが、音階が見えにくく、音階のドレミファソラシドがどうボタンを押せばいいのかわかりにくい。
弾いていても、指の位置が外れてしまうと、僕は元に戻りにくい。

ボタンが2色(ピノ鍵盤の白鍵と黒鍵に使い分け)に使い分けたタイプと、全部同じ色のタイプがあり、僕は2色に色分けされた方が使いやすい。

ボタンが2色(ピノ鍵盤の白鍵と黒鍵に使い分け)

accordion-SONUS

ボタンが1色

ボタン・アコーディオン~クロシオ-2

1色タイプのクロシオで少し練習しました\(^o^)/
ボタンの位置を覚え切れていないので、ミスタッチ多発です(汗

でも、このボタンアコーディオンって、うまく弾けなくても弾いていて楽しいです。

ボタンアコーディオン~クロシオ

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanuke.blog64.fc2.com/tb.php/7065-c530abe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昼ご飯 «  | BLOG TOP |  » 広島アコーディオン教室例会

プロフィール

てるお

Author:てるお
66才になって約2ヶ月後の2004年4月7日、気まぐれで胃カメラ検査したのですが、13日に胃ガンを告知されました。5月10日に胃を全摘出。いろいろあって約半年入院してからの退院。以来胃全摘出による後遺症として逆流性食道炎や誤嚥性肺炎、腸閉塞などを度々患い苦しんでいます。

生き延びた人生を少しでも明るく楽しく生きて行かれたらいいなと思いアコーディオンを買い独学で練習を始めました。
ブログでは、アコーディオンの練習、演奏の話題やカメラ、オーディオなど趣味のあれこれを気ままに綴っています。

そして、なんと今度は脊髄腫瘍をあらたに告知されました。
平成23年9月、右足先に歩き難い症状を感じ病院へ行きMRI検査を行った結果の発見でした。また新たな闘病生活が加わります。

カテゴリー

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

管理者へ連絡~メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

FC2カウンター